tipitaka network ... his life, his acts, his words                 sabbe satta bhavantu sukhi-tatta

【仏教の新聞記事 • 日語版】

上げる

イラン:北西部の遺跡に仏教寺院の特徴

【毎日新聞】 山成孝治 • 2008年11月8日,土曜日

ヴァルジュヴィ遺跡の龕(がん)がしつらえられた八角形の柱=龍谷大提供

仏教の西方伝播(でんぱ)について調査している龍谷大(京都市)のアフガニスタン学術研究プロジェクトは7日、イラン北西部の遺跡で、 仏教寺院と共通する特徴を確認したと発表した。トルクメニスタンにある最も西の仏教遺跡の約1400キロ西に位置しており、仏教寺院と確認されれば、現在 のイスラム圏での過去の仏教の広がりについて大幅な見直しを迫ることになる。

トルコ国境に近いマラゲー近郊にある半地下式の石窟(せっくつ)、バルジュビ遺跡で、約9メートル四方の部屋の中央に太さ約4メートル の八角形の柱があり、うち2面にそれぞれ4個の龕(がん)(壁面のくぼみ)が残っていた。

龕は最大のもので高さ67センチ、幅45センチ、奥行き29センチ。仏教寺院で仏像を安置したり、仏画を描いて礼拝した龕と形が似てお り、参拝した信者が周りを巡るための柱があるという構造が中国のシルクロード沿いにある石窟寺院と共通していた。

マラゲーは、モンゴル帝国のチンギス・ハンの孫、フラグが建てたイル・ハン国(1258~1353)の最初の首都。調査した山田明爾 (めいじ)名誉教授(仏教学)は、古代のミスラ教の寺院が、モンゴル帝国で信奉されたチベット系仏教の寺院に改造されたのではないかとみている。

▽イスラム学者でもある森本公誠・東大寺長老の話 仏教は西に広がった時期がある。イラン北西部には、紀元前のアショカ王や13世紀の モンゴル王朝の時代などに仏教施設があった可能性があるが、ゾロアスター教国家などが痕跡を徹底的に消している。考古学的な遺物が見つかってほしい。

ウェブサイト: http://mainichi.jp/enta/art/news/20081108k0000m040096000c.html



仏教新聞の特集記事

2008年11月16日,日曜日
イラン: 北西部の遺跡に仏教寺院の特徴

2008年5月16日,金曜日
京都府: 中国 • 四川大地震:支援の輪広がる

2008年1月25日,金曜日
アフガニスタン: 世界最古の油絵はバーミヤンの壁画?東京文化財研の調査結果

娑界一覧
三重県
高田本山専修寺で”東海地方最大級”のねはん図一般公開


宮城県
釈迦の誕生祝う「花まつり」 子どもたちが稚児行列を披露


愛知県
碧南の「釈迦三尊像」が国の重要文化財指定へ


広島県
本願寺派安芸教区の仏教婦人会連盟、10団体にダーナ募金


群馬県
安中・補陀寺 江戸期の涅槃図、掲げて徳たたえ


島根県
被災地を支援へ、14寺院がイベント企画 練香作り体験やカフェ 3月2日開催、松江


東京
NGO/NPOや仏教界などで活躍する人を応援する「アーユス賞授賞式」参加者募集


三重県
能登の被災地思い托鉢 三重の僧侶10人が6時間かけ20キロ


娑婆の物語
生命科学博士の住職、インドに旅立つ 釈迦時代の古代ハスを求める旅


東京
国宝11体の仏像が東京国立博物館に! 特別展「中尊寺金色堂」を見る


京都府
仏教美術研究上野記念財団が2024年度研究奨励金の受給者を募集


東京
全日本仏教会よりお知らせ「花まつりポスター」・「絵はがき」の頒布が始まりました


東京
駒澤大学大学院仏教学研究科公開講演会のお知らせ


福岡県
「世界遺産 大シルクロード展」 福岡アジア美術館で1月2日~3月24日


福岡県
世界最大級の釈迦涅槃像を清める恒例のすす払い


日本
第27次災害救援活動助成金(全日本仏教会より)


娑婆の物語
世界遺産・京都「天龍寺」


奈良県
世界遺産 法隆寺で仏像のお身拭い この1年のほこりを落とす


東京
特別公開「出山釈迦図」(2023.12.4~12.16)


福岡県
平安時代末期の経塚から見つかる 出土品展



Namo Tassa Bhagavato Arahato Sammāsambuddhassa.
Buddha sāsana.m cira.m ti.t.thatu.