tipitaka network ... his life, his acts, his words                 sabbe satta bhavantu sukhi-tatta

【仏教の新聞記事 • 日語版】

上げる

世界最古の油絵はバーミヤンの壁画?東京文化財研の調査結果

【AFP】 2008年1月25日,金曜日

2008年1月24日、東京文化財研究所(National Research Institute for Cultural Properties)が公開したアフガニスタン中部バーミヤン(Bamiyan)遺跡の仏教壁画。(c)AFP/JAPANESE NATIONAL RESEARCH INSTITUTE FOR CULTURAL PROPERTIES

世界最古の油絵は中世ヨーロッパのルネサンス絵画ではなく、約1400年前にアフガニスタン中部バーミヤン(Bamiyan)遺跡の壁 画であることが、日仏米の合同調査で分かった。

バーミヤン渓谷(Bamiyan Valley)にある同遺跡では、2001年に当時アフガニスタンを支配していたイスラム原理主義勢力タリバンによって、巨大な仏像2体が破壊された。

調査に参加した東京文化財研究所(National Research Institute for Cultural Properties)の谷口陽子(Yoko Taniguchi)特別研究員によると、バーミヤン遺跡の石窟内に描かれた西暦650年頃のものとみられる仏教絵画に油絵の具が使用されていることが判 明したという。

仏像があった石窟内の壁画の破片53片を米ゲティ保存修復研究所(Getty conservation Institute)がガス・クロマトグラフィー法で分析したところ、このうち19片に油が含まれていることが分かった。

バーミヤンの仏教壁画にはインドと中国美術双方の影響がみられ、西洋と東洋をつなぐシルクロードを旅してきた芸術家によって描かれたも のとみられる。

これまで、油絵の起源はルネサンス時代につながる中世ヨーロッパにあると考えられていたが、今回の発見はこの定説を覆すものとなりそう だ。

谷口研究員は、今回用いた手法で、初期文明が栄えたイラン、中国、トルコ、パキスタン、インドなどの遺跡美術の分析を試みたいとしてい るが、これらの遺跡は今のところ調査対象に含まれていないという。

ウェブサイト: http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2341645/2559111



仏教新聞の特集記事

2008年11月16日,日曜日
イラン: 北西部の遺跡に仏教寺院の特徴

2008年5月16日,金曜日
京都府: 中国 • 四川大地震:支援の輪広がる

2008年1月25日,金曜日
アフガニスタン: 世界最古の油絵はバーミヤンの壁画?東京文化財研の調査結果

娑界一覧
娑婆の物語
生命科学博士の住職、インドに旅立つ 釈迦時代の古代ハスを求める旅


東京
国宝11体の仏像が東京国立博物館に! 特別展「中尊寺金色堂」を見る


京都府
仏教美術研究上野記念財団が2024年度研究奨励金の受給者を募集


東京
全日本仏教会よりお知らせ「花まつりポスター」・「絵はがき」の頒布が始まりました


東京
駒澤大学大学院仏教学研究科公開講演会のお知らせ


福岡県
「世界遺産 大シルクロード展」 福岡アジア美術館で1月2日~3月24日


福岡県
世界最大級の釈迦涅槃像を清める恒例のすす払い


日本
第27次災害救援活動助成金(全日本仏教会より)


娑婆の物語
世界遺産・京都「天龍寺」


奈良県
世界遺産 法隆寺で仏像のお身拭い この1年のほこりを落とす


東京
特別公開「出山釈迦図」(2023.12.4~12.16)


福岡県
平安時代末期の経塚から見つかる 出土品展


福島県
遺跡から出土した歴史資料「会津の中世」企画展


京都
京都国立博物館で、貴重な寺宝が見られる特別展『東福寺』開催中


京都
大谷大博物館開館20周年「古典籍の魅力2023」展


京都
東福寺所蔵の「五百羅漢図」、軸木に「明兆」…室町期の絵仏師による直筆を裏付け


千葉県
巨匠2人の「釈迦十大弟子」一堂に 芹沢銈介×棟方志功、29日から千葉・柏高島屋で展覧会


北海道
函館の古刹 釈迦涅槃図を約120年ぶりに修復へ


東京
1300年前の国宝級壁画を最先端技術で未来へつなぐ


娑婆の物語
飛鳥寺で出土 「舎利容器」内部に小さな玉のようなもの



Namo Tassa Bhagavato Arahato Sammāsambuddhassa.
Buddha sāsana.m cira.m ti.t.thatu.